おとうさんのヤキイモタイムキャンペーン

「おとうさんのヤキイモタイム」という父親の地域での仲間づくりを応援するキャンペーンを実施しています。
2005年に埼玉県との協働事業として開始し、現在まで15年間つづけてきたプロジェクトです。
このキャンペーンは、ふだん仕事などで子どもとの時間がなかなかとれない、あるいは地域になじみにくいというお父さんたちが、たき火を囲み、お芋を食べることで、自分の住むまちの人、子どもだちと出会える機会があるといいね、という趣旨で行っています。具体的には、県内各地のNPO・市民活動団体や保育所・幼稚園・保護者会・PTAなどが、このキャンペーンに参加してくださっています。

毎年、ヤキイモの主催者を募集し、応募があった主催者にお芋を10kgお贈りしています。
お芋は、生活協同組合パルシステム埼玉様よりご寄付いただいています。また、ダイレクトメールの発送、お芋の発送については、一般社団法人埼玉労働者福祉協議会様にご協力をいただいています。
埼玉県、さいたま市には後援をいただいていいます。
(2005年〜20110年の6年間は埼玉県の委託事業(協働事業)として実施してきました)

最新情報・お申し込みはこちらから!

◉2009年〜2019年の記録です。
事業報告書よりの抜粋 pdfデータ




メディア

◉「おとうさんのヤキイモタイムキャンペーン」については、理事西川の著書『あそびの生まれる場所』(2017年 ころから刊)ぜひおよみいただければ幸いです。

◉2018年にご紹介いただいた毎日新聞さんの記事です。


◉2014年に紹介いただいた朝日新聞さんの記事です。